へようこそ LookChem.com ログイン|無料で参加
  • or

二硫化炭素メーカー CAS番号75-15-0サプライヤー | LookChem

二硫化炭素

基本情報 Edit
  • 化学名:二硫化炭素
  • CAS番号:75-15-0
  • 化学分子式:CS2
  • 示性式:CS2
  • 分子量:76.143
  • Hs コード:2813100000
  • Mol ファイル ダウンロード:75-15-0.mol
二硫化炭素

別名: メタンジチオン , methanedithione ,

関連する cas 番号: 76-14-2 7790-91-2 7446-11-9 72629-94-8 7306-96-9 7758-95-4 70209-81-3 75-56-9 7631-90-5 7705-07-9

マーケティングと価格
メーカーおよび販売代理店:
  • メーカー/ブランド
  • 化学薬品および原材料
  • 包装
  • 価格
合計 63 の原材料サプライヤー
化学物質詳細情報 Edit
物性情報:
  • 外観無色揮発性液体,透明
  • 臭気悪臭。純品はクロロホルム様臭気。
  • その他特徴日光下で徐々に変質。氷点下数度で2CS2・H2O結晶を析出。
  • 分子量76.14
  • 比重1.26
  • 比重測定温度20deg C
  • 蒸気密度2.64
  • 水溶性1010-1740
  • 水溶性測定温度20-22deg C
  • 溶解度記述微溶
  • 蒸気圧100-400hPa
  • 蒸気圧測定温度-5.1-28deg C
  • オクタノール/水分配係数1.84-2.16
  • 融点-112--110.8deg C
  • 沸点46.25-46.5deg C
  • 燃焼性空気中で非常に燃え易く、これの蒸気と空気が混合すると爆発性あり。揮発性大きく引火し易い。
  • 発火点100deg C
  • 引火点-30deg C
  • 混合危険性過マンガン酸カリウムと硫酸の存在下で接触により爆発の危険性。塩素と鉄の触媒作用で四塩化炭素を作り爆発の危険性。アジ化ナトリウムと爆発性の塩を生成する可能性あり。亜鉛と白熱して反応の危険性。
  • 混合発火危険性程度過酸化水素と発火、爆発の危険性。フッ素と条件により常温で発火の可能性。
  • 爆発範囲1.3%
  • 濃縮性無し~低い
  • 代謝性蒸気の吸収に伴う経気道侵入のほか、経皮的にも中毒量が体内に侵入し得る。一部は未変化のまま呼気中に排出され、また一部は尿中に未変化体のまま、あるいは代謝物として排出される。後者の内の一部分はヨードアジド反応を触媒する作用をもっている。呼気や尿中二硫化炭素とともに尿中ヨードアジド反応触媒物質が生物学的モニタリングに用いられたが、職場での二硫化炭素が10ppm以下になるともはや有効ではないと考えられる。
  • 熱分解性加熱分解し、SOxの高毒性ガスを発生
  • その他の化学反応カ性ソーダと徐々に反応して、チオ炭酸塩Na2CS2を生成。酸化性物質と激しく反応。空気、さび、ハロゲン、金属アジド、(純)金属、オキシダントと混合不可。
  • 生物分解性難分解性
  • 生物濃縮性低濃縮性
  • オクタノール/水分配係数1.84
  • オクタノール/水分配係数2.16
安全性情報:
  • ピクトグラム: FlammableF, ToxicT
  • 危険コード:F, T
  • ステートメント: 11-36/38-48/23-62-63-39/23/24/25-23/24/25
  • 安全に関する声明: S16-S33-S36/37-S45
  • 生態毒性:
用途:
  • 法規制番号: (1)-172 , FF6650000 , EINECS2008436 , TSCA(75-15-0) ,
  • 用途语: 炭化硫黄(Carbon Disulfide)はその特有の物性からさまざまな用途で使用される有機化合物です。主な用途の一つは、有機合成化学における溶媒としての利用です。炭化硫黄は極めて極性の高い溶媒であり、特に非極性な化合物との反応条件を整える際に有用です。また、炭化硫黄はゴムの製造において加硫剤としても使用され、ゴムの物理的特性を改善します。さらに、炭化硫黄は殺虫剤や農薬の製造にも用いられ、害虫駆除に寄与します。
販売店へ照会