へようこそ LookChem.com ログイン|無料で参加
  • or

臭化リチウムメーカー CAS番号7550-35-8サプライヤー | LookChem

臭化リチウム

基本情報 Edit
  • 化学名:臭化リチウム
  • CAS番号:7550-35-8他
  • 分子量:86.845
  • Hs コード:2827.59
  • Mol ファイル ダウンロード:7550-35-8他.mol
臭化リチウム

別名: リチウムブロミド , ブロモリチウム , bromolithium ,

関連する cas 番号: 7758-98-7 7727-37-9 7783-20-2 7632-51-1 78-59-1 7790-86-5 7440-47-3 7647-15-6 79277-27-3 7681-52-9

マーケティングと価格
メーカーおよび販売代理店:
  • メーカー/ブランド
  • 化学薬品および原材料
  • 包装
  • 価格
合計 207 の原材料サプライヤー
化学物質詳細情報 Edit
物性情報:
安全性情報:
  • ピクトグラム: HarmfulXn, IrritantXi, HighlyF+
  • 危険コード:Xn, Xi, F+
  • ステートメント: 22-36/37-12-36/37/38
  • 安全に関する声明: S16-S36/37/39-S45
  • 生態毒性:
用途:
  • 法規制番号: (1)-110 , OJ5755000 , EINECS2314398 , TSCA(7550-35-8) ,
  • 用途语: リチウム臭化物(Lithium bromide)は、主に冷却効果を利用した吸収式冷凍機や空調システムの製造に使用される無機化合物です。リチウム臭化物は吸湿性があり、水との反応によって溶解する際に吸熱反応が生じます。この性質を利用して、吸収式冷凍機では水とリチウム臭化物の反応によって冷却効果を生み出します。具体的には、水とリチウム臭化物の反応によって発生する吸熱反応が熱を吸収し、これによって冷媒としての水蒸気が吸収されます。このプロセスにより冷却が実現され、建物の空調や冷却システムに利用されています。ただし、リチウム臭化物は取り扱いには慎重が必要であり、特に水との反応に注意する必要があります。その特有な冷却特性と利用の幅広さから見ても、リチウム臭化物は現代の冷却技術において重要な材料となっています。
販売店へ照会